米国版CD/DVDや電化製品の規格

■米国版CD、DVD、電化製品の利用について
CDの規格
CD自体はは米国のものでも日本の物でも特に規格上の違いはありませんので、個人輸入したディスクがそのまま問題なく利用できます。
DVDの規格

ブルーレイDVD 

米国向けのブルーレイDVDディスクの映画やビデオディスクはそのまま個人輸入したディスクが日本で利用できます。 但し「日本語字幕」等の機能は省かれていますので、すべて英語での閲覧となります。

日本のブルーレイDVDは米国と日本が同一リージョン規格に一致するため、米国で一般に市販されているブルーレイDVDディスクが日本のプレーヤー・機械で再生することが可能です。(旧規格の一般DVDは下記の「一般DVD (旧規格)」を参照ください。)

ブルーレイのリージョンコード規格

A - 南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、台湾及びそれら海外領土

B - ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オセアニア及びそれら海外領土

C - 中央・南アジア、中華人民共和国、ロシア、モンゴル

 

一般DVD(旧規格)

DVDビデオは米国規格のものは、そのまま通常の日本のプレーヤーで使うことが出来ません。

こ れは市場保護の目的でハリウッド映画産業から「リージョンコード」と呼ばれる、地域指定によるソフト規格を導入しているためです。ただしリージョンが違う DVDを個人が輸入して楽しむのが「違法」というわけではありません。あくまでも市場保護を意識したマーケティングのビジネス戦略です。

そういったビジネスの一般市場占有戦略の上をいく個人輸入愛好家の方々は英語版の言葉の壁も、リージョン規格の違いも乗り越えて、最新のDVDを個人輸入されています。

最近は日本でも東京では秋葉原、大阪では日本橋の電化製品の専門店に行くと「リージョンフリー」等と呼ばれる、世界のDVDが見れる再生プレーヤーを手軽に購入できるようになりました。もちろん弊社の個人輸入代行サービスを利用して米国製のDVD再生プレーヤーを個人輸入される方も多くおられます。

リージョン1 – 米国 カナダ
リージョン2 – 日本 欧州 中東 南アフリカ エジプト
リージョン3 – 東アジア 東南アジア 香港
リージョン4 – オーストラリア 中米 カリブ諸国 南米
リージョン5 – 旧ソビエト連邦緒国 北朝鮮 モンゴル 南アジア アフリカ緒国
リージョン6 – 中国

日本では映画館での公開が未だの映画がアメリカでは既にDVDになって販売されているなんて事はよくあります。英語のみ(アメリカ規格のDVDは概ね標準で 「クローズドキャプション」と呼ばれるスペイン語及びフランス語の字幕もついてきますが。もちろん英語の字幕もあります。)で特別な再生プレーヤーの購入 も必要ですが、興味のある方はぜひ個人輸入で安価なアメリカのDVDビデオをエンジョイされてはいかがですか?

電化製品
アメリカの電化製品は一般的に電圧120V、周波数 60Hzの規格に対応するように販売されています。

日本 アメリカ
100V 50Hz (関東地方より北) 120V 60Hz
全共通
100V 60Hz (関西地方より南)
周波数帯が異なりますが日本の製品は両対応が標準です。

このように日本とアメリカでは異なった電圧、周波数の規格となっていますが、電化製品の多くは電圧規格が違っても、ある程度の許容範囲があり、ボルト(電圧)や周波数が少しぐらい違っても動作はするようです。

特にアメリカ規格の電化製品は日本でもそのまま利用しても、概ね問題なく動作するので実際に多くの人が個人輸入して使用しています。

特にパソコン周辺機器や一部の電化製品、特に持ち運び用にデザインされたポータブルAV機器、または日本製、日本メーカーの電化製品の多くは世界中で使えるように多種の電圧や周波数の設定に対応出来るようになっている商品も多くあります。

た だし、電圧や周波数が合っていないと 動作不良を起こしたり、機器によっては故障の原因になる恐れがあるのは当然考えられる事ですので、電化製品の個人輸入はよくよく注意して調査してリスクを 承知したうえで行うようにしてください。個人輸入して到着した商品が結局役に立たなかったなんて事も考えられるので、個人の責任とリスクを承知し、よく注 意して利用するのが不可欠です。

弊社の個人輸入代行サービスを 利用して、多くの方がDVDプレーヤー、ノートパソコン、パソコン周辺機器、電話機、AV機器、キッチン家電等々日本へ発送した実績があります。ただし、 あらかじめご承知いただきますが、弊社はこのような商品の物品販売ではなく、あくまでも輸入のお手伝いをするサービスがビジネスですので、電化製品の動作 や、故障、また安全性についても一切保証できません。電化製品の個人輸入は、あくまでも輸入者であるお客様「個人」でリスクをよくご承知になったうえで輸 入してください。