これまでにアメリカ及び他国から日本へ製品を輸出した際の輸送方法

アメリカから各種の輸送方法で輸出した貨物の量は、この20年間で日本へ送った貨物の数量は、ざっとですが、船便・海上貨物による20フィートおよび40フィート・コンテナ輸送(フルコンテナおよびLCL混載便)で数百本、航空便・航空貨物では数百回、UPSやヤマト運輸の国際宅急便などを使用しての小口貨物は、数量が多く数えきれません。